バンコクへ旅行に行った時に、安宿にチャレンジしました。マッサージ屋さんも安くて気持ちよかったです。

庶民スタイルを楽しめるバンコク旅行
庶民スタイルを楽しめるバンコク旅行

バンコクでの旅行の思い出

以前、成田発のアメリカ系航空会社を使ってバンコクへ旅行へ行きました。当時、アメリカ系航空会社の格安航空券を購入し、シンガポールからマレー鉄道を使い、クアラルンプールとペナン島に滞在して、バンコクへ入るという旅程を組みました。マレーシアからタイへの国境超えは島国に暮らしている私達の感覚からすると、パスポートをチェックして、スタンプを押すだけと、とても簡単すぎて拍子抜けをしましたが、そのまま電車に乗り込んでバンコクへ向かいました。バンコクの中央駅に降り立つと「タクシーに乗らないか?」「トゥクトゥクに乗らないか?」と客引きが表れて、バンコクのパワフルさに圧倒されました。

せっかくバンコクに来たのだからと、物価の安さを体感するのも楽しみの1つだと思い、世界各地からバックパッカーがやってくるカオサン通りにある安宿にも泊まりました。1泊700円の宿にはクーラーはなく、天井に扇風機がついていて、部屋にシャワーがついていたので、良い方だと思いました。安い宿に泊まる時には必ず一度部屋を下見させてもらった方が良いです。鍵が壊れていたり、窓がなかったりする場合もあるからです。マッサージも安くできました。あちらこちらで、タイ式のマッサージ屋さんがあるのですが、現地のクチコミで視覚障碍者の自立支援施設でマッサージをしてもらうのが腕が良くてイイと聞いたので、そこに行ったのですが、1時間1500円程で全身を伸ばしてもらい満足できました。

Copyright 2018 庶民スタイルを楽しめるバンコク旅行 All Rights Reserved.