バンコクの旅行では垣間見える庶民の生活の様子を楽しんだ。水路や路地裏、屋台など、見どころはいっぱいある。

庶民スタイルを楽しめるバンコク旅行
庶民スタイルを楽しめるバンコク旅行

庶民スタイルを楽しむバンコクの旅行

母とバンコクに旅行に行ったのですが、本当に楽しかったです。まだ若いうちに行けたので、ワイルドなバンコクも楽しむことができました。母はちょっと嫌がっていたので、歳をとった人にはお決まりの観光コースのみでよかったかなと思いますが・・・。私が好きなバンコクは、やっぱり水路があって、路地裏が縦横無尽に走っていて、屋台があって、庶民のバンコク。最初に水上マーケットに行く際にボートに乗りましたが、そこでとりこになってしまいました。バンコクの水路には堤防がないんですよね。日本だと、どんな川もある程度堤防がありますよね。でもタイでは水路の真横に民家があります。バルコニーにちょっと出る感覚で家の真裏の川に出る。そこから水に飛び込んで遊んでる子供たちをたくさん見かけました。

次に路地。人がすれ違うのがやっとぐらいの路地がたくさんあります。家と家の隙間ですから、勝手口がたくさんあります。簡単なテーブルとイスも出してあって、そこで屋台で買ってきた朝食をとるのが日常的な風景です。タイで人気の麺料理。センミー、センレック、センヤイなど形状が異なり呼び名はいろいろありますが、要は米粉の麺です。これを炒めたり、スープに入れたりして食べるのですが、屋台で食べるのが旅の一つの目標だった私にとってとても楽しい体験でした。味も辛くないのを選べば、日本人にもほっとする味です。母は屋台の食べ物は水にあたるのが怖いと食べませんでした。もったいない・・・。ちゃんとしたレストランにも行きましたが、言葉がうまく伝わらずカエル料理が出てきたりして、母は悲鳴を上げていました。私は一つ食べちゃいましたが。そうそう、バンコクでよく見る光景が、人が走っている車の間をぬって通りを渡る様子。走っているんですけどね、車。止まっていなくても「通りますよー」と言わんばかりにのろのろっと車の間に割り込んでいくんです。そうやって大勢の人が道を渡っているのはちょっとしたカルチャーショックでしたね。

PR情報

  • 幅広い年齢の人が楽しめる観光 京都情報はこちら。

Copyright 2017 庶民スタイルを楽しめるバンコク旅行 All Rights Reserved.